トンボ
おうちDTP

マスターページの作成と適用

新規マスターページを作成し、ページ番号を配置してみます。
「編集」メニューの「マスターページ」で「マスターページを編集」ウインドウを開きます。

「マスターページを編集」ウインドウが開いているあいだ、画面にはマスターページが表示され編集することができるようになります。 ウインドウを閉じると通常のページの編集画面に戻ります。ぱっと見わかりづらいので注意。


「マスターページを編集」ウインドウのボタンの役割は、左から順に…
新規マスターページ
マスターページを複製
(他のScribusファイルから)マスターページの読み込み
マスターページを削除
です。

まず左上の「新規マスターページ」ボタンを押して、新しいマスターページを作成します。
あとで混乱しないよう、わかりやすい名前をつけます。ここでは「「右_ノンブルあり」としました。

上の例では、見開きの本のファイルなので右ページと左ページがあります。

デフォルトのマスターページ(上では「標準 右」と「標準 左」)は空白のまま残しておくのをおすすめします(表紙などに使ったりします)。標準マスターは、編集はできますが削除することができないちょっと特別なマスターページです。


ページ番号を作成します。
適当な大きさのテキストフレームを作成したら、ストーリーエディタを開いて、「挿入」→「文字」→「ページ番号」。


ページ番号はマスター上では「#」と表示されます。
右ページなのでついでに右揃えにしました。


テキストフレームを任意の位置(ここではページ右下)に配置して、完成。


左ページも同様に作成します。

マスターページが完成したら、「マスターページを編集」ウインドウを閉じます。ウインドウを閉じると通常のページに戻ります。


ページにマスターページを適用します。(デフォルトは「標準 右」になっています。)
「ページ」メニューから、「マスターページに適用」。


「マスターページに適用」ウインドウが開いたら、まず使用するマスターページを選択しておきます。
それからどのページにマスターを適用するか選ぶのですが、現バージョンでは選択肢が英語のままなので、適当に訳してみると…

 Current page....現在のページ
 Even pages......右ページ
 Odd pages.......左ページ
 All pages.......すべてのページ

と思われます。今回は本を作っているので、すべての右ページに「右_ノンブルあり」を適用してみます。


同様に左ページには左のマスターを適用。これですべてのページにページ番号(ノンブル)が入りました!

マスターページの適用いろいろ

「マスターページの適用」ウインドウを使う以外にもマスターページを適用させる方法があります。状況に応じて便利な方法でどうぞ。

「ページ」メニュー→「挿入」で、ページの追加の際にマスターを指定することができます。
左右で別のマスターを指定したりできるので、ページ数の多い本を作成する場合はこれが使いやすいと思います。

「ウインドウ」メニュー→「ページの配置」で、ページナビゲーション的な機能が使えます。
マスターページの名前を適用させたいページの上にドラッグしてあげるだけなので、簡単。
ページによって体裁の違う、雑誌や広報などはこれが便利かなー。

ページ番号の指定

任意の番号からページ番号のカウントをはじめることができます。
章ごとにページ番号をふったり、または章ごとにScribusのファイルを分けてページ番号を通し番号にしたり、割と重宝する機能です。


「ファイル」メニュー→「ドキュメント設定」の、「セクション」。
開始のページ番号を変えてあげると、その数から開始されます。

「追加」ボタンでセクション(章)を増やすと、それぞれページ番号の開始の数を指定することもできます。
ページ番号は「ページの配置」ウインドウから確認することができます。

トンボ