トンボ
おうちDTP

マスターページとは

本などを作成する場合、同じレイアウトのページが続くことになります。マスターページは、多数のページに共通の要素を作っておくページです。
任意のページに作成したマスターページを適用すると、マスター上のオブジェクトが表示されます。が、マスターのオブジェクトをさわることはできません。(変にいじってしまう心配なし。)

ワープロソフトのヘッダー・フッターに似ていますが、
・文字だけでなく背景や画像なども配置できる。
・複数のマスターを作成し、ページごとに適用することができる。(右ページと左ページで別のマスターを作成したり、章ごとにデザインを変えることもできる。)
…あたりが特にScribusを使うメリットかと思います。


下になってるのがマスターページのイメージ。
※マスター上のオブジェクトのレベルを上げることももちろんできます、あくまでイメージです。

上の図に、マスターに配置することの多いオブジェクトをまとめてみました。
ノンブル、柱、インデックス、飾り罫がありますが、背景がある場合はそれもふつうマスターページに作成します。
※テキストフレームは、ファイルの新規作成時に設定します

ノンブルは、ワープロソフトと同様「ページ番号」の機能を使います。次項で解説します。

トンボ