トンボ
おうちDTP

行ずれの修正

回り込みを設定したら、左右の列の行の高さがずれちゃった…という場合、これを修正する簡単な方法があります。
「ベースライングリッド」を使います。


ベースライングリッドは、ガイドの仲間です。「ビュー」メニューの「ベースライングリッドを表示」で表示させることができますが、ノートの罫線のようなガイドがページいっぱいに出ます。


このベースライングリッドの間隔がどこで決まっているかというと、「ファイル」メニューの「設定」→「ガイド」の「ベースライン設定」。
Scribusの初期設定のベースライングリッドの値を変更する場合は「設定」から、現在開いているファイルのみの値を変更したい場合は「ファイル設定」からそれぞれ「ベースライン設定」を変更します。

ベースライングリッドで行間を指定したら、次はテキストの行間の設定を変更します。
特定のテキストフレームにのみ設定する場合は、テキストフレームを選択してプロパティウインドウの「テキスト」タブから設定。
本文全体に適用したい場合は、本文用に、行間を設定した新しい段落スタイルを作成します。


今回は新しく段落スタイルを作成します。

ツールバー「テキストフレームの編集」で、各段落にスタイルを適用すると、ベースライングリッドに沿って揃います。

トンボ