トンボ
おうちDTP

画像フレームの操作

その他、画像フレームに関する重要で便利な操作をまとめてみました。

画像の中央配置

画像フレームの中央に画像を配置する機能があります。

「スクリプト」メニュー→「Scribusスクリプト」→「Aling image in frame」

基準点を選ぶウインドウが出てきます。中央のままで「Align」ボタンを押すと、画像がフレームの中央に配置されます。便利!

というか、Illustratorに慣れているデザイナーさんなんかだと、数ページの本ならIllustratorで見開きごとにまるっと作って、ページいっぱいの画像フレームにポンと中央配置したりします。

クリッピングマスク

なんと、GimpとScribusでクリッピングマスクが使えます。文字の回り込みも可。

まず、Gimpでクリッピングパスを作成します。(Gimpのパスの作成方法はこちら、パスの範囲外を塗りつぶすなどの操作は不要です。)
画像はtiffで保存してください。(Photoshopをお持ちであればepsでどうぞ。)

Scribusに画像フレームで画像を配置します。

フレーム内を右クリック→「拡張画像のプロパティ」で、パスを選択して「OK」。

回り込みはプロパティウインドウ「形状」タブで、回り込みの設定を「画像クリップパスを使用」にします。

「形状」タブの編集→「等高線を編集」にチェックを入れ、「画像クリップに等高線を設定」すると、Scribus上でパスを等高線として読み込んで編集もできるみたいです。

画像のリンク切れ

画像を貼り込むときに気を付けてほしいのは、画像はScribusのファイルに取り込まれるのではなく、外部へのリンクになるということです。
もとのファイルやScribusのファイルを移動すると、Scribusが画像ファイルを見失う「リンク切れ」の状態になります。

左図のように、画像フレームが赤いバツになって画像が表示されなくなります。
このリンク切れをなおすには、「拡張」メニューの「画像を管理」ウインドウを使います。

「検索」ボタンから、見失った画像ファイルを探し、正しくリンクをとりなおしてあげます。

トンボ