トンボ
おうちDTP

画像フレームの作成

画像フレームを作成し、画像を貼り込んでみます。


ツールバーの画像フレームツールを選択し、ページの中を適当にドラッグ。
画像フレームを作成します。

プロパティウインドウの「XYZタブ」で位置と大きさを調整。

上の例では、ページの端まで写真が入る予定なので、画像フレームの座標がマイナスになっているのに注意してください。
Scribusは、ページの仕上がりサイズの左上がx0,y0となるので、ページ外にはみだす場合はマイナスの値になります。

仕上がり、断ち切りについては「ファイルの新規作成」で説明しています。


画像をインポートします。画像フレームを右クリック→「画像を取得」で、貼り込む画像ファイルを選択します。(Scribusで扱うことのできる画像形式については、「画像の種類」で説明します。)


プロパティウインドウの「画像」タブから、「フレームサイズに合わせる」
または、画像フレーム右クリックで同様の操作をすると、自動的に画像サイズが調整されます。
画像が切れないよう、短辺で合わせてくれます。


今回は、画像をフレームいっぱいに表示してトリミングしたいので、

プロパティウインドウの「画像」タブで、画像の位置と大きさを調整します。
XYZタブで大きさを変更すると、貼り込まれた画像ではなくフレームの大きさが変わってしまうので気を付けてください。

まず、「フレームサイズに合わせる」のままだと位置などの変更ができないので、「自由倍率」に変更します。
次に、大きさを変更します。横の長さが「比率X」、縦の長さが「比率Y」ですが、数値を変更する前に数値の右にあるチェーンがつながった状態にしてください。縦横の比率を固定しておかないと、写真などはおかしくなってしまいます。

最後に、写真の位置を調整します。これも数値で指定することができますが、ドラッグで移動するほうが視覚的にわかりやすいと思います。
「自由倍率」の状態で、フレーム内をダブルクリックすると、画像が選択された状態になりドラッグでの移動が可能です。

写真などは特に、Gimpなどでトリミングしてしまわず、Scribus上でトリミングしたほうがよいです。トリミングの位置や大きさが変更になった場合に修正するのが簡単です。
もと画像を切ってしまうと復元することができません。
ただし、画像の回転はScribus上ではできないので(フレームごと回転させることは可能)、事前にGimpなどで回転させておく必要があります。

トンボ