トンボ
おうちDTP

テキストの編集

テキストの追加や削除、書体の変更や色の変更などの編集はストーリーエディタで行います。

編集したいテキストフレームを選択し、ツールバーのテキストフレームの編集ボタンを押すと、ストーリーエディタが開きます。

テキストに関する編集はすべてここから変更することができます。内容を細かく見ていくと…


左から
「すべてのテキストをクリア」
「ファイルから読み込み」「ファイルに保存」
「テキストフレームを更新して終了」「テキストフレームを更新せずに終了」
「フレームからテキストを再読み込み」「テキストフレームを更新」
「検索/置換」。
読み込み元の外部ファイル、テキストフレーム、ストーリーエディタ上で編集中のテキスト…と3つのテキストが生まれてしまうので、それぞれに更新ボタンがあるのです。ややこしい。


書体、文字の大きさ、平体、長体。


ジャスティファイ(文字揃え)。


左のボタンが文字の効果。右のA/Vってのが文字の詰め。


左が文字のふち色または影の色(ドロップシャドウの効果をつけた場合)。
文字のふち色はプロパティウインドウで枠線の設定をした場合のみ設定可。
右が文字色。デフォルトは黒です。


ストーリーエディタでひとつひとつ設定するのもいいのですが、長文で同じ体裁を何度も使う場合は、スタイル機能を使うととても効率的です。
下図の長文で、章のタイトル部分の書体を大きく太くしたいと思います。


スタイルを登録するには、「編集」メニューから「スタイル」を選択し、スタイルマネージャを開きます。

スタイルには、「段落スタイル」と「文字スタイル」、「線スタイル」があるように見えます…が、実際に使えるのは段落スタイルのみのようです。(まだ開発中?)

段落スタイルは、段落全体に設定したスタイルを適用します。(Scribusは改行するまでの文章のまとまりを段落とします。)
見出しなども基本的には段落スタイルで設定するのがよいかなと思います。

とりあえず「新規」→「段落スタイル」で新しくスタイルを作成します。

章タイトルのスタイルを設定します。
最初にスタイルに名前をつけます。なんでもよいのですがわかりやすい名前にします。
今回は、書体のスタイルをボールドに変更(太い書体に)、大きさを12pt→15ptに上げました。

すべての設定が終了したら、「適用」→「完了」でスタイルマネージャを終了します。


ストーリーエディタを開くと、これまで「スタイルなし」と表示されていた部分から、登録した段落スタイルを選択できるようになります。

それぞれ章タイトルにスタイルを適用して、完成です。

トンボ