トンボ
おうちDTP

ページの追加と削除

Scribusでは、ワープロソフトのように勝手にページが増えたり減ったりしません。
ファイルの新規作成時にテキストフレームを自動で生成する設定(後述)にしていても、ページの増減は手動です。

ページを追加する

ページを追加するには、「ページ」メニュー→「挿入」で「ページを挿入」ウインドウを開きます。
挿入するページ数、位置(最後または選択中のページの前後)を決めて、OK。

「ページの配置」機能から追加することもできます。
「ウインドウ」メニュー→「ページの配置」で、ページナビゲーション的な機能が使えます。
「利用できるマスターページ」から任意のページをドラッグして、ドキュメントページの任意の位置で離すと、そこに新しいページが追加されます。

いずれの場合も、「マスターページ」という項目が出てきます。詳細は「マスターページとは」に後述します。
マスターページの機能を使うかどうかにかかわらず、デフォルトでは「標準」という名前の空白のマスターページが適用されている状態です。マスターページを作成することで、追加するページのマスターを選択することができるようになります。

ページを削除する

選択中のページの上で、右クリックすると「ページの削除」の項目があります。

削除の開始ページと終了ページを入力して「OK」。



先ほどのページナビゲーションでもページの削除をすることができます。
削除したいドキュメントページを、ウインドウ右下のごみ箱にドラッグします。

ページを削除すると、ページ上にあるオブジェクトもすべて削除されます。ただし、ページ上のテキストフレームが別ページのフレームへ連結されていれば、テキストはそこに流れます(テキストの一部が欠けることはありません)。テキストフレームの連結については次項で解説します。

トンボ