トンボ
おうちDTP

フレームの操作(応用)

次は、フレームへの色々な操作を紹介します。
正直あんまり使わないものが多いので、「そんな機能もあるのかー」くらいのテンションで見てください。

フレームに色をつける

左のテキストフレームは、枠線をつけてあります。
右の画像フレームは、背景色をつけてあります。

それぞれプロパティウインドウの「色」タブから設定します。
赤線で囲んだボタン、左が枠線の色。右が背景の色。どちらもデフォルトは「なし」です。

まず色を選択し、「色の濃さ」で濃度を調整します。色設定の自由度は低いです。


「透明度の設定」では、下にあるオブジェクトが透けて見えるように設定することができます。…が、特殊な効果なので使わないほうが無難。

「重ね刷り」は、印刷の際に、インクの上にインクを重ねる設定。例えばうすい背景色の上に細い黒文字があるような場合、印刷のズレで白い部分が出てしまうのを防ぐために、「重ね刷り」を選びます。ご家庭のプリンタではあんまり必要な状況はないかなと思います。

線の種類を変更することもできます。プロパティウインドウの「線」タブで設定します。

フレームでは線の種類(点線とか、二重線とか)や幅を変更することができます。
罫線を選択すると、始点や終点の形状を選ぶことができます(矢印にしたり)。

フレームの形を変える

フレームの形を変えたり、文章の回り込みを設定するには、プロパティウインドウの「形状」タブを使います。

左図の赤枠で囲んだ部分、□のイラストの箇所でフレームの形状を定型の形から選択することができます。その隣の「編集」でパスを操作して自由な形にすることもできます。

そのすぐ下、「角を丸める」の数値をあげていくと、フレームの角が丸くなります。

例左の角丸のフレームではさらに、「テキスト」タブで「カラムとテキストの距離」を設定して、フレーム内にマージンを取っています。
テキストタブの詳細は「テキストのプロパティ」の項にまとめてありますのでご参照ください。

グループ

複数のオブジェクトをグループ化することができます。
複数のオブジェクトを選択して、「アイテム」メニュー→「グループ化」。Inkscapeのグループ化とほぼ同じです。

グループ化されたオブジェクトは形状の変更ができません。
プロパティウインドウも、「形状」タブが選択できなくなって、かわりに「グループ化」タブが使えるようになります。
形を変えられないだけで、回り込みなどの設定は基本的に同じです。

最後に、オマケ。表の機能についてちょっとだけ説明します。
この機能がまぁ、正直使い物にならないポンコツです。InDesignの表機能を知っていると、もうこれを「表」と呼んでいいのか…というレベル。

ツールバーの表ボタンを選択し、ページ内で作りたい表の大きさにドラッグすると、「テーブルを挿入」ウインドウが開きます。任意の列と行を入力してOKを押すと…

表ができるわけですが…

これ、単なるテキストフレームがグループ化されたものなんです。う、うーん何かに使えるかなこの機能…
やっぱり表はInkscapeで組んだほうがよさそうです。

トンボ