トンボ
おうちDTP

パス

たとえばこんな画像。真中のチンパンジー(?)を残して背景を消したいのですが…

形が複雑なうえ、背景に似た色がいっぱいあって選択ツールだけではきれいに切り抜けません。

そんなとき、最後の手段として、パスを使います。(こんなケースあまりないって気もしまけど…)
パスとは、Inkscapeの使いかたに目を通された方はご存知のことと思いますが、ベジェ曲線を使って引く線のことです。

→ 
パスで囲んで、パスから選択範囲を作成し、反転して切り抜き。

パスの端点(Inkscapeで言うところのノード、フォトショップで言うところのアンカーポイント)はこんなかんじに置いてます。


パスを使った線の引き方について超簡単に説明します。
(「ベジェを極めたい!」という方は、Inkscapeの中の「ベジェと戯れる」に練習をまとめてますのでどうぞ。(ただし使用するキーが若干違っています。))

パスをひくには、パスツールを使います。


(直線をひく)
キャンバス上でクリックするとそこを始点として線が引かれます。

クリック→次の点でクリック→更に次の点でクリック…
とすると、折れ線を作画することができます。


(曲線をひく)
キャンバス上でドラッグすると、そこを始点として何か線のさきっぽに小さいマルのついたやつがびよーんど出ます。
これが曲線の曲がりかた(ハンドル)です。


更に次の点でドラッグすると、またおなじやつがびよーんと出て、最初の点と今の点の間に曲線が引かれます。
これが基本的な曲線の仕組みです。


(曲線の切り替え)
曲線を引いたあと、Ctrlキーを押しながら端点(アンカーポイントまたはノード)を動かすと、それまで連動していた2本のハンドルが別々に動かせるようになります。(下の図だと、真中の2本)


(パスを閉じる)
パスで一周描画したら、Ctrlキーを押しながら始点をクリックするとパスを閉じることができます。

パスの表示/非表示はパスパレットを使います。
(パレットはドックの中、またはファイルウインドウの「ダイアログ」メニュー→「パス」で表示)
パスはいくつでも作ることができます。

なんと、Scribusでこのパスを読み込むことができます(詳しいやり方はこちら)。もと画像を塗りつぶしたりせずに切り抜きができるので、かなり便利な機能です。

トンボ