トンボ
おうちDTP

写真の色味を調整する

室内の証明や、夕焼けの中で撮影した写真なんかで、色がどうにもおかしい!ということはありませんか?
今度は色の補正をしてみましょう。

これがもとの写真。室内で撮影したため若干暗く、白いバラがなんだか赤っぽく見えます。

とりあえず、カーブで明るくしてみましょう。
まだ全体に赤いかなー。

今度は色を調整します。ファイルウインドウの「色」メニューから「カラーバランス」パレットを開きます。

 

「色レベルの調整」で、「シアン?赤」のスライダをシアンの方に動かします。
全体の赤っぽさが軽減します。
ついでに「イエロー?青」のスライダも自然な色になるよういじってみました。

これで補正完了。花の色が大分マシになりました。


「カラーバランス」の正体を簡単にご説明しますと…
先ほどのスライダでは、「シアン」と「赤」は補色(反対の色)の関係にあります。
写真が赤っぽかったので、スライダをシアン側に動かして補正しました。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、赤味をとるということは、シアンを増やすということと同じなんですね。
シアンを増やすと、赤は同じだけ打ち消されて弱くなっていくということです。

左はRGBの加法混色の図。
(加法混色と減法混色についてはInkscapeの中で簡単に説明してます。)赤の反対にはシアンが、緑の反対にはマゼンタが、青の反対にはイエローが。


なので、よくある写真の色の補正としては、以下のようになります。

(写真が赤っぽい)
シアン?赤のスライダをシアン側に動かす

(写真が黄色っぽい)
イエロー?青のスライダを青側に動かす

(写真が青っぽい)
イエロー?青のスライダをイエロー側に動かす
シアン?赤のスライダを赤側に動かす


色の補正は見えかたひとつなので、正直難しいです。また、フォトレタッチソフトでの補正は所詮写真の加工なので、限界があります。 写真を撮る段階でダメダメだと、後から直すのはやっぱりキビしいです。 私は「白いものを白く」と「人の肌の色を自然に」を心がけて色の補正をしています。 やりすぎると逆に不自然になってしまうし…。日々修行ですね。

トンボ