トンボ
おうちDTP

暗い写真を明るくする

撮った写真がやたら暗かったり、人の顔が青白く写っていたり…そんな時は、写真を補正してみましょう。

このままでは少し暗いかなー

超大雑把に補正するには、ファイルウインドウの「色」メニューから「明るさとコントラスト」パレットを使います。


「明るさ」を上げてやると…
明るくなったけど、全体に白っぽくなってイマイチ。


今度はコントラストをちょっと上げてみます。
それっぽく補正されました。


ただし、どうしても「明るさとコントラスト」だけでは限界があります。
完璧に補正してやる!というときは、「色」メニューから「カーブ」を使います。

 もう一度暗い状態から…

「カーブ」を開いて、直線の真中へんをぐいっと上にドラッグ
→ 
新しい点が増え、曲線になりました。

これで補正完了。カーブは写真を見つつ調整します。
「明るさとコントラスト」を使った時より自然に補正されているのがわかりますか?


カーブの正体について簡単に説明しますと、
左下の点(図の赤マル箇所)は、写真の中の諧調の明るい部分を表しています。
右上の点(図の青マル箇所)は、写真の中の諧調の暗い部分を表しています。

グラフの真中を持ち上げると、写真の明るい部分と暗い部分はそのままで、中間の明るさの部分が明るくなっているのです。

「明るさとコントラスト」で明るさを上げたとき写真が全体に白っぽくなってしまったのは、
もともと明るくて明るくする必要のないところ   と
影など暗いままにしておかないと不自然なところ  までいっしょに明るくなるからなんですね。

また、この考えかたで写真にメリハリをつけることができます。
「S字カーブ」と呼ばれていますが、もともと明るいところはより明るく、もともと暗いところはより暗く。

→ 
メリハリがつき、鮮やかになりました。

なんとなくカーブの使いかたがわかりましたでしょうか?
最初はどのくらいいじったらいいのかわからないかもしれませんが、白い部分の濃淡が消えないようにかつ黒い部分の濃淡が消えないように気をつけると、べたっとした印象にならないかと思います。

トンボ