トンボ
おうちDTP

ファイルの新規作成

次は、自分で新しいファイルを作ってみます。

ツールウインドウの「ファイル」メニューから「新規作成」で新しいファイルの設定を決めるウインドウが開きます。
上から順に設定を簡単に解説します。

「テンプレート」では定型のサイズを選ぶことができます。
「画像のサイズ」で好きなサイズに設定することもできます。

画面赤マル部分、「高度なオプション」はデフォルトでは非表示です。
「+」をクリックして開きます。

解像度の設定は、デフォルトでは72ppiになっています。

解像度とは、超簡単に言うと画像のきめの細かさのことです。下の図を見てください。同じサイズの画像ですが、細かさが違うために左の方が粗くなっています。

ペイント系のグラフィックソフトの説明で簡単に触れましたが、画像は小さな点の集まりでできています。画像のサイズと解像度の両方の値によって、画像の精密さが決まるのです。

単位のppiは「pixcel per inch(1インチあたりのピクセルの数)」。
解像度が高いほうがキレイですが、ファイルの容量は重くなります。
デジカメ画像の画素数というのは写真の中にあるピクセルの数のことで、100万画素がだいたい200ppiくらい?(適当)

web用なら72ppiが標準。
印刷用ならきれい出力するには200?400ppiくらいは欲しいところです。(私はいつも350ppiにしています。)

「色空間」はカラーモードのことですが、RGBとグレースケールの2つしか用意されていませんので、カラーならRGB、モノクロならグレースケール。

最後に、「塗りつぶす色」を描画色、背景色、白、透明の中から選びます。
これは本当に何を作るかによって変更します。お絵かきならやっぱり白いキャンバスですかね。

OKボタンで、新しいファイルが開きます。お疲れ様でした!

ついでにスキャナやデジカメなどから写真を直接取り込む方法について。 ツールウインドウの「ファイル」メニュー「取り込み」→「スキャナ/カメラ」で、スキャナやカメラから直接画像を取り込むことができます。 が、自分でファイルを作成する時はカラーモードと解像度に注意しましょう。

ついでのついで、カラーモードについて。 Gimpでファイルを新規作成するときはRGBまたはグレースケールしか選ぶことはできませんが、gif(色数を落として容量を軽くする画像の保存形式)なんかを書き出すときは「インデックスカラー」というモードに自動的に変わります。 最初から色数を制限して作成したい場合は、とりあえずRGBで画像を新規作成してから、ファイルウインドウの「画像」メニューから「モード」→「インデックス」で色数を調整します。 逆にインデックスの画像を「モード」でRGBにすると、またすべての色が扱えるようになります。

トンボ