トンボ
おうちDTP

ファイルを開く・保存

Gimpは起動時にはなにもファイルが開いていない状態です。

写真などのファイルを開いてみます。
ツールパレットの「ファイル」メニューから「開く」を選ぶと、ファイル選択ダイアログが開きます。

写真を選んで、右下の「開く」。

いろいろな画像形式に対応しています。画像ならだいたい開けるんじゃないのかな…
ちなみに、Gimpファイルの拡張子はXCF。

作業が終わったら、今度はツールパレットではなく、開いている画像のウインドウから保存します。
「ファイル」メニュー→「保存」すると、上書き保存されます。
画像形式を変更したい時などは「別名で保存」します。

「開く」とそっくりだけどちょっと違う

図中に赤で囲った「ファイルタイプの選択(拡張子で判別)」をクリックすると、保存形式が選べます。
またはファイル名に拡張子をつけて入力すると勝手にファイル形式を判断してくれます。

xcfはGimp独自の形式なので、そのままだと他のソフトで扱うことができません。 例えばInkscapに画像を配置して使いたいときなどは画像形式を変更しなければなりません。 写真であればJPEGかTIFFに、色数の少ないイラストなどはGIFにするのがよいと思います。

よく使う画像形式の特徴をまとめてみました。独断と偏見がかなり入っています。

形式 特徴 どんなときに使う?
BMP Winの標準の画像形式。アクセサリの「ペイント」とかを使うと生まれる。 わざわざ使うことはあまりないような…
GIF 色数を落としてファイル容量を少なくする保存形式。
透明が使える。GIFアニメが作れる。
webで標準的に使われている形式のひとつ。
色数を落としも変じゃない、ベタ塗りのイラストなど。
JPEG 画像を圧縮して容量を少なくする保存形式。
圧縮率は設定できる。が、やりすぎると粗さが目立つ。
web上で標準的に使われている形式のひとつ。GIFでは表現できない、グラデーションや写真のような画像はJPEGを使う。
容量が軽くなるので、データのやりとりにもよく使う。デジカメ画像はだいたいコレ。印刷もどんとこい。
PNG フルカラーが使えるGIFみたいな形式。
もちろん透明も使える。
web上で使うために開発されたらしいけど、非対応のブラウザがあったりする。
PSD Adobe社Photoshopの標準のファイル形式。 GimpからPhotoshop環境へ画像を持っていきたいとき。
レイヤーなどもちゃんと書き出されるみたい。
TIFF カラー、モノクロなんでも来いの汎用性の高い画像形式。
圧縮もできる(対応してないソフトもある)。
圧縮してもJPEGのように汚くなることがないので、データのやりとりによく使う。
白黒だけの「線画」で保存できるので重宝する。

レイヤーや特殊な効果を使っている場合、対応していない画像形式にすると消えてしまったりします。 XCF形式で保存しておいて、作業が完了したら目的に合わせて保存しなおしてください。 また、「やっぱりここ直したい」と思い直したときのために、もとデータを保管しておくのをお忘れなく。

トンボ