トンボ
おうちDTP

Gimpのインターフェイス

Gimpのインターフェイスはちょっと変わっています。起動すると、2つのウインドウが開きます。

左がツールウインドウ。
右は「ドック」といって、よく使う機能を切り替えて表示させるための便利ウインドウです。

ツールウインドウから「新規作成」でファイルを開くと…

こんなかんじ。

画像に操作するツールはツールウインドウから選びます。
ツールウインドウの下半分には、選んだツールの詳細設定が表示されます。

以下、簡単にツールの一覧。ツール名の和訳はてきとうです。
選択系のツール、変形系のツール、お絵かき系のツール、画像補修系のツールをまとめてみました。
よく使うものはあとで解説が出てくるので、ちらっと見る程度でOKです。

矩形選択ツール

回転ツール

スタンプツール
指定した箇所の画像を複製して別な場所に塗る

楕円選択ツール

拡大縮小ツール

修復ブラシツール
使いかたはスタンプツールと同じ
修正が周囲になじみやすい

自由選択ツール
フリーハンドで選択

シアーツール

遠近スタンプツール
設定に沿ってスタンプ画像に勝手にパースがつく

あいまい選択ツール
クリック箇所からつながる近似色を選択

遠近法ツール

ぼかし・シャープツール
ドラッグ部分の画像をぼかす

色による選択ツール
画像中の近似色を全部選択

反転ツール

にじみツール
ドラッグ部分の画像をにじませる

電脳ばさみツール
自動で境界を認識して選択

テキストツール

暗室ツール
ドラッグ部分を覆い焼きや焼きこみ

前景部分選択ツール
自動で輪郭を検出して選択

塗りつぶしツール

パスツール

グラデーションツール

スポイトツール

鉛筆ツール

ズームツール

ブラシツール

定規ツール
ドラッグ間の距離と角度を表示

消しゴムツール

移動ツール

エアブラシツール

整列ツール
レイヤーやオブジェクトの整列

カリグラフィツール

切り抜きツール
ドラッグ範囲でトリミング


ついでに、ツールパレットの中にある描画色と背景色の部分について。
左上にあるのが(今黒の部分)描画色、右下にあるのが(今白の部分)背景色です。

超おおざっぱに説明すると、
描画色:塗りつぶしツールやブラシツールetcの「描く」ときに出てくる色。
背景色:消しゴムツールで出てくる色。
というかんじでしょうか。

なんでわざわざ背景色があるかというと、PhotoshopやGimpでは、ファイルの新規作成時に好きな背景色を決めることができるからです。
例えば背景をミドリしたら、消しゴムツールで消すとその部分が白や透明ではなくミドリになります。

色の設定はそれぞれの色部分をクリック。
色の設定のパレットが開きます。

パレット左側の色空間を使って、虹色の縦長の部分で色を、正方形の部分でその色の明るさや鮮やかさを指定します。クリックするだけなので簡単です。
RGB、CMYK、HSVなどの数値指定ももちろんできます。(RGBって何?という方はInkscapeの中で色の設定の説明をしてますのでどうぞ)

右上の矢印をクリックすると描画色と背景色を入れ替えることができます。
左下の黒と白の部分をクリックすると、背景色と描画色が初期設定の黒と白に戻ります。

トンボ