トンボ
おうちDTP

色の設定

普段あんまり気にしませんが、目で見る色と、画面で見る色と、印刷された色を比べると、同じものでも色味が違っています。

例えば、蛍光のオレンジなんかはもうハッキリ違います。
家庭用のプリンタでうまく色が出なくて困ったことはありませんか?

画面や紙の上にあるとき、その「色」はそれぞれの方法で再現されたものです。

テレビやパソコンのディスプレイでは、赤、緑、青の3色の光を混ぜ合わせて色を表現しています。
もとが光なので混色すればするほど真っ白に近づいていきます。(加法混色)
これがRGB(レッド、グリーン、ブルー)の数値で発色する仕組みです。

紙に印刷されたものは、インキの掛け合わせで色を表現しています。
インキなので、絵の具と同じで混ぜれば混ぜるほど黒くなっていきます。(減法混色)
印刷に使われるのはCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の4色のインキです。

RGBのレッドとグリーンを混ぜるとイエロー、グリーンとブルーでシアン、ブルーとレッドでマゼンタになります。逆にCMYKではマゼンタとイエローでレッド、イエローとシアンでグリーン、シアンとマゼンタでブルーになります。 RGB(加法混色)とCMYKは(減法混色)は逆の関係になるわけです。

色域については、もちろん人間の目で見たときが見える色の範囲が広いです。
次がRGB。
CMYKになると蛍光色なんかは再現できません。


さて。RGBやCMYKは実際に発色するときの仕組みで色を指定しますが、Inkscapeに用意されているHSLは、色相環(下のわっか)から色を指定します。
こんなの。

H(色相)、S(彩度)、B(硬度)で色を数値化します。

それでは、それぞれどうやって色を数値で表現するのかまとめてみます。

RGB

ディスプレイで見る、ホームページやデジカメの写真なんかがRGBです。

例えば、赤い色を表現するには
R 255, G 0, B 0
…とするとよく見る赤になるわけです。
(数値は0?255なので、今回レッドが最高値。他の2色は全く発色しない)

また、この数値を16進法で FF0000 と書いたりもします。
(0?9,A,B,C,D,R,Fの16文字で16桁を表現、Rが最高値FF(16,16)でGとBがそれぞれ00…って口で言うとわけわからんですね。そんなの覚えなくてもパレットの下の方に出てますのでそれを見ましょう。)

混色でこんな色にするには
R 0, G 128, B 128(008080)

白を表現したいときは、全部の色を最高値にして、
R 255, G 255, B 255(FFFFFF)

黒なら、どの色も発色しないので、
R 0, G 0, B0(000000)  となります。

使いたい色をいきなり数値で叩けるようになったらそりゃすごいですが、幸いにも、ホームページを作る人向けのカラーパレットがインターネットの世界にはいっぱいありますので、是非参考にしましょう。

また、Inkscapeにある色の設定「ホイール」は、RGBを視覚的に選べるようにしたもののようです。

CMYK

カラーで印刷されたものはCMYKです。
(特殊なインキを使ったりすることもありますが…)

例えば赤い色を表現するには
C 0, M 100, Y100, K 0  です。

(パーセンテージで指定します。マゼンタ100%、イエロー100%で掛け合わせると、赤い色になります。)

RGBの時と同じこの色も、CMYKにすると
C 100, M 0, Y0, K 50  です。シアンに黒が混ざるかんじ。

白い紙に印刷するのが前提なので、白のときは
C 0, M 0, Y0, K 0  です。インキなーんにもなし。

黒のときは、
C 0, M 0, Y 0, K 100  です。黒インキどっぷり。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、原理の上ではCMYを100%にすると黒になるはずなのです。
が、インキを混ぜても完全に黒くはならず濁ってしまうのと、文字として黒インキが使われることが多いので、第4のインキKを使うんですね。

本当はプリンタだってインキ(?)での印刷なんだからCMYKで作ってやったほうがイメージに近いものができるんじゃないか…という気もしないでもないのですが、どうせ使う紙の色やプリンタの性能に左右されてしまうので、ウチではもっぱらRGBです。

HSL

HSLは、パレットを見るとわかると思いますが、上の2つに比べて直感的に色を拾いやすいです。
なぜなら、混色しないから!
まず色(赤とか青とか)を決めて、鮮やかさと明るさを指定します。

はちなみに…
H 0, S 255, L128  となります。

色相で赤ははじまりのゼロ。(こいつの  左端が赤です)
鮮やかさSが最高で(全く濁らない)、明るさLがちょうど中間の128となります。

どんな色でも、完全に明るくする(Lを最高値255にする)と白になり、逆に暗くする(Lを0に)と黒になります。

また、どんな色でも、鮮やかさSがゼロになるとグレーになってしまいます。

トンボ