トンボ
おうちDTP

ベジェと戯れる

Inkscapeを含むドロー系ソフトの本領、ベジェ曲線の作画についてレッスン形式にまとめてみました。

知らなくても人生に何の支障もきたさない話なので、「Inkscapeを極めるぞ!」という気分のときにご覧ください。
マスターすればもう人前で「自分、Inkscape使いこなしてますよ…」と言っても大丈夫です(多分)。

ジグザグ・波線を描いてみる

ペンツールを使ってジグザグを描いてみましょう。
クリック→次の点でクリックを繰り返すだけです。
終点で右クリック。

次に、波線を描いてみます。
クリック→ノードを置く位置でドラッグしてハンドルを引っ張り出す→次のノードを置く位置でドラッグして…を繰り返します。
終点ではドラッグしつつ右クリックです。
ノードを置く位置は下図を参考にどうぞ。

ここでは、どのくらいハンドルをひっぱり出せばどんな曲線ができるのかを感じてください。
ゆったり
ビッグウェーブ

円とうずまき

次は、円を描きます。

円/弧ツールで描いた円のハンドルを見てみるとわかりますが、ノード4つで描くとわかりやすいと思います。

できたら、次はノードを減らしてみましょう。
ノード4つの時よりハンドルを長めに引っ張り出します。
ノード3つ
ノード2つ

こうやってノードの数を変えてみるとわかると思いますが、曲線を描く方法は一通りではありません。基本的には、ノードを少なく、ハンドルをなるべく左右対称に近くするとなめらかな曲線になります。反対にノードが多いとどうしてもガタガタの線になってしまいます。

ついでにうずまき。
ノード4つの円がちょっとずつ小さくなっていくイメージです。

直線と曲線の切り替え

線の途中で直線から曲線に切り替わる時は、切り替わるノードでShiftキーを押しながらドラッグします。

ついでによくある「かどまる」も練習しておきましょう。
ハンドルは両方に出ますが、直線の方には線にぴったり重なっています。
これだと線がカーブしません。

曲線から曲線への切り替えは、最初のカーブのハンドルを引っ張り出してからShiftキーを押すと、ハンドルの向きが自由に変えられます。

イラストを描いてみる

試しにシルエットのイラストを描いてみましょう。
直線と曲線の組み合わせでもう何でも(?)描けるはず。

ちなみに、鉛筆書きの絵をスキャンしたものや、ビットマップのロゴなどの画像を下絵にして、パスでなぞっていくことをトレースといいます。

蛇足。みんな基本的に最初は下手です。
「なぜパスで描かなければいけないんだ!紙と鉛筆で描いたら早いじゃないか!」と私は思っていました。
でも慣れると早くてキレイに描けて、拡大縮小や色の変更にも耐えるわけで…
頑張っていっぱい練習してください。量こなせば誰でも上手くなります!

オートトレースについて…実はInkscapeには画像をトレースしてくれる機能がついています。 画像をインポートし、選択した状態で「パス」メニュー→「ビットマップをトレース」。 「墨で書いた文字をトレースしなくては」などという機会には是非どうぞ。 簡単なわりに超使えそうな機能です。

パスファインダを活用する

パスファインダは重なり合ったパスから新しいパスを作る機能です。
具体的には、

いっぱい集めてひとつのオブジェクトに。
「パス」メニューから「統合」。

いったん統合してからコピーして反転、左右対称の図形を作ったり。

瓶の左側のラインを作るために、図形ツールでいくつか図形を重ねます。
次に、一旦統合して、よけいなパスを消します。
できたパスをコピペで増やして反転し、2本とも選択した状態で「パス」メニューの「連結」。これで、切れてはいますがひとつのオブジェクトと認識されます。
最後に、上下のノードをそれぞれノードツールで結合して、完成。

穴の開いたドーナツのような図形を作ったり。
→ 
大小のマルを2つとも選択して、「パス」メニュー→「交差」。
真中に穴が開きます。

ツールの説明でも簡単に触れましたが、幾何学的なイラストを描くときはがんがん応用してみてください。

トンボ