トンボ
おうちDTP

オブジェクトをパスへ変換

Inkscapeでは、矩形ツールで作成したものはあくまで矩形、円形ツールで作ったものはあくまで円形、文字ツールで作成した文字はあくまで文字…(以下略)です。
変形しようと思っても、完全に自由にはいじれません。

じゃあ台形なんかを作りたいときはペンツールでイチから描くしかないのか、というとそんなことはなくて、「パスに変換」というのをしてあげるとペンツールで描いたオブジェクトと同じになり、自由な編集ができるようになります。


矩形ツールで作ったオブジェクトを例に説明します。
オブジェクトを選択し、ダブルクリックすると、そのオブジェクトを作成したツール(ここでは矩形ツール)に切り替わり、図形の大きさや形を再度編集することができるようになります。
具体的には、矩形ツールでは大きさや角丸の数値を再入力することができます。

今回はこのオブジェクトを、「矩形」でない「普通のパスで描かれた図形」に変換して、自由な形に編集できるようにします。

「パス」メニューから「オブジェクトをパスへ」を選択。

これがパスになった状態です。
形は変わりませんが、選択した状態でダブルクリックしてみると、「矩形ツール」ではなく「ノードツール」になります。
見た目にもノードが4点あり、矩形とは違っています。

あとはノードを自由に動かして編集します。

ただし、一度パスにしてしまうと、二度と矩形に戻すことはできません。

文字もパスとして編集できます。
ただし、やはり一度パスにしてしまうと文字としての情報が失われてしまいますので、文字を直したり、書体や大きさを変えるなどのテキストツールでの修正はできなくなってしまいます。

ファイルの中のすべての文字をパスにする作業を、「アウトライン化」とか「アウトラインをとる」とか呼んだりします。
印刷屋さんにデータ入稿する場合、ひと昔前はこのアウトラインデータが多かったのですが、今はPDFで渡すことが多いのかな?
もしアウトライン化する場合は、アウトライン「前」データをとっておくのをおすすめします。万が一文字の修正が入った場合、もとデータがないとイチから作り直す羽目になっちゃうので…

トンボ