トンボ
おうちDTP

文字を配置する

文字を入力し、大きさを変えたり色をつけたりします。

文字ツール

文字を入力するには、
文字ツールを使います。

キャンバス上をクリックすると、そこがテキストの開始位置になります。

テキストの色や大きさを指定するには、ツールコントロールバーか、メニューバー「テキスト」から「テキスト/フォント」のパレットを開きます。
「テキスト/フォント」の方が細かい設定ができるので、私はコチラを使っています。

使用するフォント、ウェイト(ボールドとか、太さのこと)、フォントサイズ
左揃え/中央揃え/右揃え/ジャスティファイの設定
行送りの設定 縦書き/横書きの切替え     ができます。

文字の色を変えたいときは、「フィル/ストローク」のフィルの色を変更します。

ストロークはデフォルトではなしになっていますが、色をつけてフチ文字にすることもできます。
細い文字にフチをつけると文字の形が変わってしまってかっこよくないので、フチ文字は全く同じ文字を2枚重ねて作ったりします。

こういう文字は…
  ↑
同じテキストを2つ重ねて作るとキレイ

テキストボックスを作る

文章が長く、一定のスペース内で折り返して表示したいときは、テキストボックスを作成します。

テキストツールを使用し、キャンバス上で作りたいテキストボックスの大きさにドラッグします。
文字を入力します。別ファイルからペーストしたり、読み込むこともできます。

テキストツールで右下の四角をドラッグすると、テキストボックスの大きさを変えることができます。
選択ツールから大きさを変更しようとすると、文字の大きさまで拡大縮小されてしまいますのでご注意を。


(連結されたテキストボックス)

段組を作って文字を流し込みたい時は、連結されたテキストボックスを作成します。

まず、図形ツールやペンツールなどで、テキストを流し込むオブジェクトを作ります。
マルでもハートでも星型でもいけますが、とりあえず一般的な四角でいってみます。
下の図ではわかりやすいよう罫線を入れてあります。

次に、流すテキストをキャンバス内に配置します。

全てを選択して、「テキスト」メニューから「テキストを流し込み」すると…

完成!(罫線は消してみました。)

オブジェクトは背面にあるのもから前面にあるものへと流れていくようです。
これで長文も余裕です。

パスに沿ってテキストを流す

パスに沿ってテキストを流すことができます。

テキストボックスの連結の時と同様に、文字を流したいパスとテキストを配置して、両方選択した状態で「テキスト」メニューから「テキストをパス上に」を選ぶと…
パスに沿ってテキストが流れます。

テキストを流す方向をパスの逆側に変更したい時は、選択ツールから反転します。

カーニング ベースラインシフト 文字の回転

文字と文字の間を手動でツメることができます(カーニング)。


ツメたい箇所にカーソルを合わせて、Altキーを押しながら→または←キーで文字を動かします。

他に、文字を選択してAltキー+↓または↑キーでベースラインシフト(文字を上下に動かす)、Ctrlキー+[または]で文字が回転します。

トンボ