トンボ
おうちDTP

オブジェクトの移動・変形

作ったオブジェクトを操作します。

オブジェクトの前後関係

「はじめに」でお話しましたが、ドロー系のソフトでは部品を組み合わせて絵を描きます。そこで超重要なのが、オブジェクトの前後関係です。

下の図では、四角が前でマルが後ろにあります。

四角を選択して、「オブジェクト」メニューから「背面へ」を選ぶと…


前後関係が逆になります。
逆に「前面へ」だと後ろにあったオブジェクトが前に出てきます。

選択ツールのツールコントロールバーにもボタンが用意されています。

最背面へ
最前面へ
ひとつ背面へ
ひとつ前面へ

オブジェクトの変形

選択ツールでオブジェクトを拡大・縮小したり回転することができます


最初にオブジェクトをクリックすると左図のように矢印が出ます。
角の矢印のどれかをドラッグすると、図形が変形します。
Ctrlキーを押しながらだと、縦横の比率を保ったまま拡大縮小することができます。


上の状態からもう1度オブジェクトをクリックすると、左図のような矢印が出ます。
角の矢印のどれかをドラッグすると、図形が回転します。
Ctrlキーを押しながらだと、15度ずつきっちり動かすことができます。


オブジェクトをダブルクリックすると、その図形を作成したツールに切り替わります。
左の場合は矩形ツールになります。

オブジェクトの変形は「編集」メニューや「オブジェクト」メニューの中、また選択ツールのツールコントロールバーにもボタンが用意されています。

選択オブジェクトを回転する
選択オブジェクトを反転する

さらに細かな設定は、「オブジェクト」メニューから「変形」パレットを開きます。角度を指定して回転したり、傾斜をつけたり、数値で拡大縮小したり、変形に関する設定が網羅されています。

オブジェクトの切り取り・コピー・貼り付け

オブジェクトを選択した状態で、メニューバー「編集」から「切り取り(カット)」「コピー」「貼り付け」することができます。

「切り取り」はオブジェクトをキャンバスから消去しますが、「コピー」して「貼り付け」すると同じオブジェクトが複製されます。
「切り取り」するとキャンバス上からオブジェクトが消え、「貼り付け」でオブジェクトが貼り付けられます。
ワープロソフトなどでもよくありますよね。

「同じ場所に貼り付け」は、コピーもとのオブジェクトの真上にオブジェクトが複製されます。
背面の色をグレーにしてずらし影のようにしたり、ストロークの設定で袋文字にしてみたり、慣れるとすごく便利な機能です。

オブジェクトのグループ化

複数のオブジェクトを選択して、「オブジェクト」メニューから「グループ化」すると、まるでひとつのオブジェクトのように扱うことができます。


オブジェクト領域の点線がひとつにまとまります。

細かなイラストなどで、分割しては困るような場合はグループ化しておくとよいです。選択や移動がずいぶんラクです。

グループ化してないとうっかり顔だけつかんで動かしたりして…

パスファインダ

重なっている複数のオブジェクトを選択して、「パス」メニューから「統合」すると…


くっついてひとつのオブジェクトになりました。

「パス」メニューには他にも複数のオブジェクトから新しいパスを作る機能が入っています。

上の図をペンツールで正確に描こうと思ったら大変です。
シンメトリーなイラストや、幾何学的な模様なんかを作画するときには、図形ツールやパスファインだの組み合わせで描いたほうが早くてキレイです。

トンボ