トンボ
おうちDTP

操作のための基本的ツール

絵を描く前に、Inkscapeを使うための基本的なツールを解説します。

選択ツール

最初は選択ツールをご紹介いたします。
画面左のツールバーの一番上にあるのが選択ツールです。
こいつは絵を描くためのツールではないのですが、オブジェクト(部品)を組み合わせて絵を描く上では超重要なツールです。

クリックしたりドラッグで囲んだりすることによってオブジェクトを選択します。

選択→ドラッグによってオブジェクトを別な場所に移動、とか
選択→オブジェクトの色を変える、とか
選択→拡大縮小する、とか

…とにかくオブジェクトに何かしようと思ったらとりあえず選択ツールで選択するわけです。

複数選択…ひとつめのオブジェクトを選択したあと、Shiftキーを押しながら次のオブジェクトをクリックすると、ふたつとも選択された状態になります。
同様に選択オブジェクトをどんどん追加していくことができます。
また、複数のオブジェクトが選択された状態で、その中のひとつをShiftキーを押しながらクリックすると、選択が解除されます。

選択を解除するには、キャンバス上の何もない箇所をクリックするか「編集」メニューから「選択を解除」を選びます。

ズームツール

次に、ズームツールです。

画面表示を拡大・縮小するときに使います。

キャンバスの中をクリックするとそこを中心に拡大しします。
shiftを押しながらクリックするとそこを中心に縮小します。
ドラッグするとその部分が拡大表示されます。
ツールコントロールバー(メニューバーの下の下)では、全画面表示や100%での表示などがボタンからできます。

選択オブジェクトが画面全体に表示されます。

キャンバス上のすべてのオブジェクトが画面に入るようにします。

ページ全体が画面に入るようにします。

各ツールの細かな設定は「ツールコントロールバー」で行います。
ツールが変わるとツールコントロールバーの内容もそれに合わせ変わります。
「こういうのできないかな?」と思ったらとりあえずツールコントロールバーを見てみてください。

トンボ