トンボ
おうちDTP

グラフィックソフトって何?

グラフィックソフトとは、パソコンで図形や画像を扱うソフトのことです。
(詳しく知りたい方はWikipediaとかで…

色々な種類がありますが、3Dや動画を扱ったりするものを除くと、大まかに「ドロー系ソフト」と「ペイント系ソフト」に分けることができます。

ドロー(draw)=線を引く、つまりパソコンを使ってきれいな線を引くためのお絵かきソフトです。
地図や会社のロゴ、くっきりとした色使いのイラストなんかがドロー系の得意分野です。
超有名なところではAdobe社の「Illustrator」があります。
当サイトでは「Inkscape」というフリーソフトを使っています。

ペイント(paint)=塗る、実際にペンを持って絵を描くのに近い感覚のお絵かきソフトです。
ペイント系のグラフィックソフトの扱う画像は、色のついた点(ピクセル)の集まりです。
デジカメの画像や、水彩画などなめらかな色調の画像に向きます。
有名なのはやっぱりAdobe社の「Photoshop」や、お絵かきに特化したところでは「Painter」など。
当サイトでは最近巷で話題の「Gimp」というフリーソフトにて解説します。

ドロー系・ペイント系のソフトはそれぞれ得意分野が異なります。
「何のこっちゃ」という方も、使っていくうちになんとなくそれぞれのソフトの使い分けがお分かりいただけると思います。

一般的には、
ドロー系Illustratorで部品を作り、ペイント系Photoshopで画像の補正をし、
レイアウトソフト(*1)Scribusで部品と画像と文字をきれいに並べて印刷物を作ります。
名刺やフライヤーなんかのペラものはIllustratorでレイアウトまでしちゃうことが多いです。

(*1)グラフィックソフトではなく、写真や文字を配置するためのソフトプロが使うのはQuarkやInDesignなど

InkscapeとGimpはフリーソフトでありながら、IllustratorやPhotoshopの重要な機能はほとんど揃っていますので、努力と根性でステキな作品を作ってください。

トンボ